5月1日はすずらんの日
(FÊTE DU MUGUET)

 


 

 

 

5月1日はフランスの労働者の日(MAY DAY)で、すずらんの日(FÊTE DU MUGUET)とも言われています。

 

5月1日にすずらんを贈る習慣は、シャルル9世が幸運を祈って母親のカトリーヌ・ド・メディチに贈ったことから始まりました。

それ以来、スズランは、その12個の花鐘が幸運を呼び戻すとされタリスマン(お守り)の花とされています。

 

すずらんが咲いている場所には妖精が住んでいるとされ、

妖精たちは、スズランの花をコップの代わりにして、スズランの花に付く露を飲むのを好みます。

 

 

すずらん(ミュゲ)の花言葉は“純粋”や“幸福の再来”。

 

フランスでは5月1日の「すずらんの日」に、愛する人や大切な人にすずらんを贈る習慣があり、花を贈られた人は幸せになると伝えられています。
 
シンプルでありながら忘れられない印象を残すフローラルな香りは、幸運を呼び込むピュアなスズランのキャンドル ミュゲと共に幸せを贈りませんか。

 

ぜひこの機会にdiptyqueのキャンドル ミュゲをお楽しみください。

 

キャンドル ミュゲ

ブーケのスズラン(muguet) の摘みたての香り。
釣り鐘のかたちの白い花は、繊細な花の香り漂わせ
茎や葉のグリーンノートがそれにニュアンスを添えています。

To top